ブログ

痛みとしびれの原因はトリガーポイント

痛みとしびれの原因は神経ではない

お尻から足がしびれると聞くとあなたは何が原因だと思いますか。
医療知識のない方でも坐骨神経痛やヘルニアなど、神経が原因で痛みとしびれがでているのではないかと考えると思います。
そして、整形外科や病院でレントゲンやMRIを取ると下記のような説明があります。

・ヘルニアで神経が圧迫されている
・骨と骨の隙間が狭くなっていて神経を刺激している
・神経の通り道が狭くなっている脊柱管狭窄症です

確かにこれらの説明は納得できそうですが、本当にそうでしょうか。
痛み治療のトリガーポイント療法で第一人者である医師の加茂先生はこう言っています。
「椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因となることはありません。痛みやしびれは神経症状ではありません。神経がヘルニアや脊柱管狭窄などで圧迫を 受けても痛みやしびれが出ることはありません。足裏の神経を想像してごらんなさい。妊婦のおなかを想像してごらんなさい。」

少し考えてみてください。私たちの足の裏には神経が張り巡らされていますよね。そして、私たちはいつも立って生活しています。足の裏の神経は、体重と重力で床に押し付けられ常に圧迫を受けている状態です。でも、ただ立っているだけで急に足がしびれてきますか?痛みが出ますか?しびれも痛みもでませんよね。妊婦さんのおなかはどうでしょうか。胎児というヘルニアよりも圧倒的に大きな存在に多くの神経が圧迫を受けます。でも、全身に痛みやしびれが走りますか?そんなことはありませんよね。では、痛みやしびれの原因は何なのでしょうか。

痛みの原因はトリガーポイント

痛みやしびれの原因はトリガーポイント(筋肉にできるコリ)です。筋肉は伸びたり縮んだりを繰り返しますが、その時に筋肉の内部では筋膜がぶ厚くなったり、筋肉の繊維と繊維の滑りが悪くなったりすることによって硬いコリができてしまいます。この筋肉のコリのことをトリガーポイントと言います。下記の動画を見ていただければイメージしやすいです。

そして、筋肉にできたトリガーポイントが原因で起こる痛みやしびれの症状を筋筋膜性疼痛症候群(MPS)と言います。筋筋膜性疼痛症候群は原因不明の痛みで筋痛症と呼ばれたりもします。エコーなど色んな検査ができるようになったことで最近になって原因がわかってきたのです。

話を戻します。現状では、ほとんどの病院や整形外科ではヘルニアや脊柱管狭窄相などにより神経が圧迫されて痛みやしびれが起こると説明されます。でも、ここで私が説明しているのはその真逆です。なかなか信じられないですよね。
「いやいや、レントゲンやMRIを撮って医者から説明受けたし、実際に神経圧迫してたけど・・・」「テレビや雑誌でもヘルニアとか神経の圧迫が原因って言ってたけど・・・」もちろん最初は私も同じように思いましたし、学校でも神経の圧迫が痛みとしびれの原因だと学びました。
でも、実際に私が病院に勤務していた時からたくさんの患者さんを治療してきた経験から神経の圧迫が痛みやしびれの原因ではないということはすごく納得できるのです。例えば、初診の患者様に既往歴を聞いた時、「ヘルニアが持病」であると言いながら、今は痛くないと言うことがすごく多い。ヘルニアがあるのに今は痛みもしびれもない。ということは、痛い時はヘルニアが出て、痛くない時はヘルニアが引っ込むということでしょうか。ヘルニアがそんなに頻繁に出たり引っ込んだりすることなんてありませんよね。つまり現状ヘルニアがあって神経を圧迫はしているけど痛みやしびれは起きていない。だから、痛みやしびれの症状にヘルニアによる神経の圧迫は関係ないということに納得できるのです。

しびれはトリガーポイントの関連痛

トリガーポイントは筋肉のコリだということを説明しました。トリガーポイントの部分は過敏になっていて押すといつも感じている痛みや痺れなどが起こります。これを関連痛といいます。よく坐骨神経痛やヘルニアなどと誤解されるのですが、神経に問題があるわけではなく筋肉のコリであるトリガーポイントが引き起こしているのです。関連痛にはパターンがあります。

首の筋肉が原因で腕に痛みと痺れが起こる


首にある斜角筋にトリガーポイントができると肩や腕、指にまで痛みや痺れが起こります。首のヘルニアや頸椎症などで神経が圧迫されているのではありません。

お尻の筋肉が原因で足に痛みと痺れが起こる


お尻にある小臀筋にトリガーポイントができると腰や太もも、下腿まで痛みや痺れが起こります。坐骨神経痛や腰のヘルニアなどと勘違いされることも多いです。

ヘルニアで手術をすれば治るのか

結論から言うと手術を選択する必要はあまりないです。椎間板ヘルニアの診療ガイドラインには次のように載っています。

・保存的治療と手術的治療を比較すると,臨床症状に関しては手術的治療のほうが長期的にも良好な成績を示すが,10年後にはその差は減少する.
・数週間疼痛が持続した症例を対象として,保存的治療を継続してみた群と早期に手術をすすめた群とを比較すると,長期的には差が認められない.

簡単に言うと、手術をしてもしなくても長い目で見ると変わりませんよってことです。手術によってヘルニアによる神経の圧迫を取り除いても劇的に改善し、その後もずっと痛みなく過ごせるというわけではないということです。

結論


上の画像は、痛みのない健康な成人の80%にヘルニア等の何らかの異常があったというデータです。ヘルニアに関わらず、私たちは加齢と共に骨の変形は必ず起こります。つまり、ほぼ全員が正常な骨の形を保てないということです。成人いじょうであれば、大なり小なり神経は圧迫されたり何かしらの問題はあるけど8割の人は痛みもなく過ごしているということです。そして、これは痛みとしびれの原因が神経の圧迫ではないということを示しています。もちろんこれは地方の1人の施術者が訴えている話ではなく、トリガーポイントは多くの医師や治療者が話をしており、テレビや雑誌にも多く取り入れられています。実際に、私たちはトリガーポイントの考え方と手技や針治療で結果を出しています。
もし、あなたが改善しない痛みやしびれでお悩みなのでしたら愛媛県西条市の痛み治療専門院であるORGANIC鍼灸整骨院西条院にご相談ください。

 

ORGANIC鍼灸整骨院総院長執筆者 はせべ鍼灸整骨院院長 長谷部俊

鍼灸師 / 柔道整復師 / 柔道整復師専科教員

国家資格である柔道整復師と鍼灸師を取得

大阪にある整形外科のリハビリテーション科、小児整形外科で従事。

柔道整復師専科教員の資格を取得後、結婚を機に徳島県に帰省し、2009年はせべ鍼灸整骨院を開院。

分院に名西郡石井町にORGANIC鍼灸整骨院 石井院、愛媛県西条市にORGANIC鍼灸整骨院西条院がある。痛みの施術を専門に年間のべ15000人以上の患者が来院する。

 

INFORMATIONORGANIC鍼灸整骨院 西条院のご案内

ご予約・お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

治療案内
各種保険取扱・交通事故・労災
対応可能な症状
骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、交通事故治療、スポーツ外傷、ぎっくり腰、腰痛、寝違え
診療時間
午前/9時~12時
午後/15時~20時
午前
午後

休診日:祝日のみ

所在地
〒793-0028 愛媛県西条市新田字市塚新田155
(フレスポ西条敷地内にあります)
JR伊予西条駅から徒歩20分

24時間受付メールフォームはこちら

友達追加で簡単予約!
ORGANIC鍼灸整骨院 西条院では
LINE予約がご利用いただけます。
友達追加後、当院に希望時間を送信してください。
また、トーク機能を利用してのお問合せやご質問にもお答え
いたしますのでお気軽にご連絡ください。